ニュース

月別アーカイブ : 2019年6月

[国内学会レポート] 第43回 日本頭頸部癌学会

2019.06.24 カテゴリー:ニュース,国内/海外 学会レポート

 

2019/6/13~2019/6/14 に金沢で開催されました、第43回 日本頭頸部癌学会 のレポートを
お届け致します。

 

****************

≪≪ 第43回日本頭頸部癌学会のご報告 ≫≫

国立がん研究センター中央病院
頭頸部外科  吉本 世一

第43回日本頭頸部癌学会が去る令和元年6月13・14日に、金沢大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科の
吉崎 智一 教授の会長のもと、金沢市で開催されましたのでご報告いたします。

本学会の前身は頭頸部腫瘍研究会で、1961年に第1回の研究会が開催され1976年までに25回の
研究会が開催されました。1977年に発展的解消となり日本頭頸部腫瘍学会が発足しております。

その後、2004年より日本頭頸部癌学会と改称していますが、前身の研究会から数えると半世紀を
超える歴史のある学会であり、会員数も3000名を越えるに至っております。

本学会の特徴は頭頸部がんの診療、研究に携わる耳鼻咽喉科・頭頸部外科、歯科口腔外科、放射線科、形成外科、腫瘍内科など、幅広い専門家が参加した学際的な学術団体であることです。

これは臨床面や研究面の進歩に伴って、様々な領域の専門家が集まる学会に発展した結果であり、
最近では医師以外の他職種の方々も学会に参加されるようになりました。

このような学術団体は世界的にも少ないと思われます。

 

下は会場となったホテル日航金沢の1階に設けられた学会受付です。

 

受付横のポスター展示板に、JSTARの次回の学術講演会のポスターを展示させていただきました。

 

頭頸部癌の領域におきましては、手術技術の進歩に加え、放射線治療・診断技術の向上、化学放射線治療の普及と分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤の登場、内視鏡を用いた経口的切除の開発など頭頸部がん診療は着実に進歩する一方で、その治療は多様化してきています。今回の学会のテーマは「斬新、先進、漸進」となっておりました。

シンポジウムなどの主なテーマは、上咽頭癌、頸動脈小体腫瘍などparaganglioma、下咽頭喉頭癌における機能温存への挑戦、頭頸部におけるトランスレーショナルリサーチ、口腔癌に対する挑戦的治療戦略、顎顔面・側頭骨の癌治療、HPV関連中咽頭癌の最新知見、頭頸部の放射線治療や薬物治療、頭頸部がん治療の均てん化と標準化の検証、などでした。

次回の第44回は、近畿大学放射線腫瘍学の 西村 恭昌 教授の会長のもと、令和2年6月5・6日に
大阪国際会議場で行われる予定
です。

****************

※ [国内/海外 学会レポート] にご協力いただける会員の方がいらっしゃいましたら、
  ぜひ事務局までご一報のほど、何卒よろしくお願い申し上げます 

[第2回学術集会スライド集] 会員専用ページ掲載のご案内

2019.06.19 カテゴリー:ニュース

第2回学術集会のスライド集(PDF版)が、会員専用ページにサイトアップされました。

また、第1・2回学術集会抄録集(PDF版)も、再サイトアップいたしましたので
併せてご覧ください。

**************************

   【会員専用ページ(要ログイン)】
   https://jstar-reg.jp/reg/top.php

 ※ 第2回学術集会のスライド集(PDF版)は、
   【Day-1】【Day-2】別に掲載しております

**************************

[臨床試験情報] (1試験) 新規追加登録のご案内

2019.06.13 カテゴリー:ニュース

下記の通り [臨床試験情報] (1試験)が新規追加登録されましたのでご案内申し上げます。

*************************************

試験名:

進行性固形がんを対象としたサバイビン反応性増殖型アデノウイルスベクター(Surv.m-CRA-1)の
腫瘍局所投与による安全性/忍容性及び予備的な有効性検討のためのオープンラベル用量漸増試験(第Ⅰ相試験)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

  ≪骨腫瘍≫
  https://jstar.or.jp/archives/1011

  ≪軟部腫瘍≫
  https://jstar.or.jp/archives/1009

 ※ こちらの試験は、骨軟部腫瘍が対象となりますため、
   上記2カテゴリに同様の内容を掲載しております。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 ≪JSTAR WEBサイト [臨床試験情報] ≫

 https://jstar.or.jp/clinical-trials.html

※ 情報は随時変更致しますので、詳しくは必ず各試験事務局へのご連絡・
  ご確認をお願い致します。

*************************************

患者様へのご紹介、臨床試験の実施にお役立ていただければ幸いです。

[骨腫瘍] 進行性固形がんを対象としたサバイビン反応性増殖型アデノウイルスベクター(Surv.m-CRA-1)の腫瘍局所投与による安全性/忍容性及び予備的な有効性検討のためのオープンラベル用量漸増試験(第Ⅰ相試験)

2019.06.12 カテゴリー:臨床試験,骨腫瘍

[軟部腫瘍] 進行性固形がんを対象としたサバイビン反応性増殖型アデノウイルスベクター(Surv.m-CRA-1)の腫瘍局所投与による安全性/忍容性及び予備的な有効性検討のためのオープンラベル用量漸増試験(第Ⅰ相試験)

2019.06.12 カテゴリー:臨床試験,軟部腫瘍

[海外学会レポート] ASCO 2019(第55回 米国臨床腫瘍学会)

2019.06.12 カテゴリー:ニュース,国内/海外 学会レポート

2019/5/31~2019/6/4 にアメリカ・シカゴで開催されました、

ASCO 2019 : 55th Annual Meeting of the American Society of Clinical Oncology

(第55回 米国臨床腫瘍学会)のレポートをお届け致します。

 

****************

≪≪ ASCO 2019 に参加して ≫≫

名古屋大学 整形外科・リハビリテーション科
西田  佳弘

 

ASCO 2019 (第55回米国臨床腫瘍学会、2019.5.31-6.4開催)に参加してきました。

世界から年1回シカゴに研究者や学会に携わる方々が集結する学会で、癌治療に関するあらゆる分野の最新情報を得ることができます。

今年は4万人も参加したとのことです。

 

肉腫に関連する発表はポスターを含めて100題を超え(写真)、またPlenary sessionで肉腫に対するオララツマブ試験が選ばれたことは肉腫への興味が世界的に増していることの表れであるとうれしく思いました。

 

Sarcoma のセッションが増えたことへの喜び、Plenary session で発表されたオララツマブ試験の結果の解釈などは、Party after the conference として 川井 章 理事長、佐瀬 一洋 理事、平賀 博明 理事、近藤 格 理事らとともにアルコールを交えながら熱く語り合いました(写真)。

恒例の Lawry’s The Prime Rib、メキシカンでのマルガリータによる洗礼など楽しいひとときを過ごしました。

 

一方展示も華やかで、出展者の数は500を超え、ASCOが後援するPatient Advocacy Groupの展示も数多くあり(写真)、日本でも肉腫のPatient Advocacyを発展させる必要があると強く感じました。

 

****************

※ [国内/海外 学会レポート] にご協力いただける会員の方がいらっしゃいましたら、

  ぜひ事務局までご一報のほど、何卒よろしくお願い申し上げます 

[第2回学術集会 Playback③] 第2日目

2019.06.07 カテゴリー:ニュース

2019年2月22日(金)〜23日(土)に開催されました第2回学術集会の様子を
一部ご紹介させていただきます。

最終回となる今回お届けするのは、第2日目の学会風景です。

 

※掲載は順不同※
※著作権者様ご許可のもと、一部画像処理されております※

All Photo By 木口マリ/Studio Tree(スタジオツリー)




【Day2 —2019/2/23】




                                                                ~ END ~

[第3回学術集会] サイト公開のご案内

2019.06.04 カテゴリー:ニュース,学術集会・セミナー

開催日(期間):2020年2月21日~2月22日

2020年2月21日(金)・22日(土) グランキューブ大阪(大阪府立国際会議場)にて開催されます
第3回 日本サルコーマ治療研究学会 学術集会サイトが公開されました。

***************************

第3回 日本サルコーマ治療研究学会 学術集会 公式HP
  http://www.convention-w.jp/jstar2020/

***************************

ぜひ皆さまご覧ください!