臨床試験 - 軟部腫瘍

NCT02568267

2019.03.20 カテゴリー:軟部腫瘍

試験名:
STARTRK-2: 受容体キナーゼを標的とした奏効可能な遺伝子再構成の第Ⅱ相臨床試験

対象疾患 固形癌 薬剤名 entrectinib (RXDX-101)
エヌトレクチニブ
試験フェーズ Phase 2
バスケット試験
募集状況 募集中
試験ID NCT02568267 作用機序 TrkA/B/C, ROS1, ALK の分子阻害
投与経路 経口 試験の種類 企業治験
実施主体 Ignyta, Inc. 試験実施施設 国立がん研究センター中央病院
国立がん研究センター東病院
宮城県立がんセンター
新潟県立がんセンター
静岡がんセンター
愛知県がんセンター中央病院
近畿大学医学部付属病院
大阪市立総合医療センター
兵庫県立がんセンター
四国がんセンター
九州がんセンター
症例数 300 ランダム化 No
盲検化 オープン 対照 無対照
試験開始 海外:
2015年10月
国内:
2017年6月
試験組入終了予定 2020/12/31
募集状況 募集中 進捗 ALKバスケットとROS1 NSCLCバスケット終了、NTRKとその他ROS1オープン
年齢 18歳以上 性別 男女両方
PS ECOG PS
0~2
おもな組み入れ基準 ・NTRK1/2/3, ROS1, ALK遺伝子再構成のある局所進行性/転移性固形腫瘍(組織学的または細胞学的に確認されたもの)
・TK阻害剤治療歴なし
・前治療の回数は問わない
・CNS転移ありでも組み入れ可能
お問い合わせ先 Hoffman-La Roche (元Ignyta)

Startrk2@iqvia.com; reiko.nishiguchi@roche.com 西口礼子

≪ 骨腫瘍 一覧

≪ 軟部腫瘍 一覧