pazopanib医師主導Phase2 Pazopanib IIT

軟部腫瘍 pazopanib医師主導Phase2
試験詳細
About
試験名称 切除不能あるいは遠隔転移を有する軟部肉腫を対象としたpazopanibの第II相臨床試験
試験ID UMIN000019303
対象患者 組織型:
コホート1 悪性末梢神経鞘腫瘍
コホート2 類上皮肉腫・明細胞肉腫・胞巣状軟部肉腫
年齢:18歳以上
性別:男女両方
おもな
組入基準
    1. ECOG PS 0~1
      組織診により組織学的悪性度がGrade2/3(原発・転移巣)
      測定可能病変あり
      同意取得前6か月以内に病勢進行あり
      血管新生阻害剤の投与歴がない(mTOR阻害剤は可)
  • 試験薬 名称:パゾパニブ (pazopanib, ヴォトリエント(R))
    作用機序:マルチキナーゼ阻害
    投与経路:経口
    実施
    責任組織
    医師主導臨床試験
    試験
    実施施設
    名古屋大学医学部附属病院
    国立がんセンター中央病院
    北海道がんセンター
    がん研有明病院
    慶応義塾大学病院
    都立駒込病院
    金沢大学附属病院
    大阪府立成人病センター
    大阪医療センター
    岡山大学病院
    九州大学病院
    試験
    デザイン
    第II相試験
    ランダム化:なし
    盲検化:なし
    対照治療:なし
    募集状況 募集中
    問合せ先 名古屋大学大学院医学系研究科 化学療法部 浦川 浩
    052-744-1908
    urakawa@med.nagoya-u.ac.jp