骨肉腫術後MAP療法併用IFOのRCT JCOG0905

骨腫瘍 骨肉腫術後MAP療法併用IFOのRCT
試験詳細
About
試験名称 骨肉腫術後補助化学療法におけるIfosfamide併用の効果に関するランダム化比較試験(JCOG0905)
試験ID UMIN000003197
対象患者 組織型:骨肉腫
年齢:50歳以下
性別:男女両方
おもな
組入基準
    1. ECOG PS 0~1
      原発巣の画像と切開生検により得られた腫瘍材料の病理組織診断により、高悪性度骨肉腫と診断されている
      原発巣が上肢帯を含む上肢、下肢帯を含む下肢、胸骨、肋骨のいずれかに存在する
      原発巣が切除可能と判断されている
      臨床病期が IIA、IIB、III のいずれか
      高悪性度骨肉腫の既往がない
  • 試験薬 A群:MAP+切除後のStandard responderに対してMAP療法
    B群:MAP+切除後のStandard responderに対してMAP+IF療法
    C群:MAP+切除後のGood responderに対してMAP療法


    MAP・・・Methotrexate(メトトレキセート)+ Adrimycin(アドリアマイシン)+Cisplatin(シスプラチン)
    IF・・・IFosfamide(イフォスファミド)
    実施
    責任組織
    医師主導臨床試験
    試験
    実施施設
    JCOG骨軟部腫瘍グループ施設院
    試験
    デザイン
    第II/III相試験
    ランダム化:あり
    盲検化:なし
    対照治療:群間比較
    募集状況 募集中
    問合せ先 JCOG0905事務局
    北海道がんセンター腫瘍整形外科 平賀 博明
    011-811-911
    JCOG_sir@ml.jcog.jp